スポンサーリンク

メタボ予防!夜ヨーグルトが効果的


最近の研究で、メタボ予防や便秘解消には“夜”にヨーグルトを食べるのが効果的なのです。メタボ予防.jpg

腸のゴールデンタイム

腸には一番活発に働く時間帯“腸のゴールデンタイム”が存在します。
夜22時から翌2時の時間帯は「副交感神経のゴールデンタイム」とも言われています。
腸のゴールデンタイムには、細胞の修復や老廃物の排泄に向けたはたらきが活発になります。
この時間帯に合わせてヨーグルトを食べると、乳酸菌が腸を活性化するのを助けてくれます。
腸内環境を整えたり、老廃物の排泄など、太りにくい体質をつくったりするのに役立ちます。
ただし、寝る直前に食べると消化に負担がかかるため、寝る3時間前には食べておきましょう。
ヨーグルトは腸の働きが活発になる“夜”に食べる“夜ヨーグルト”がおすすめです。

食べ合わせで健康効果アップ

腸内環境の改善効果をぐんとアップさせる“焼きバナナ”をご紹介します。
バナナは消化・吸収が良くミネラルやビタミンが豊富な果物の王様といわれています。
食物繊維やオリゴ糖が含まれ、バナナを焼く事で非常に効率よく摂る事が出来ます。
オリゴ糖は腸の働きを活発にします。
腸内細菌のビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌を増やして腸内環境がよくなるのです。

ヨーグルト効果の関連情報

食物繊維を1本のゼリーにギュッと濃縮された食前に食べるおとなの前菜。
本当に前菜として美味しい! ほんのりゆず味のゼリーです。

posted by 元気人 at | メタボ予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク