スポンサーリンク

花粉症シーズンはヨーグルトで予防


今年は去年よりも花粉が多く飛ぶと言われています。花粉症対策.jpg
花粉症シーズン到来に向けて、花粉症対策を取り入れてみたいですね。

花粉症は症状が悪化する前の事前対策が重要とのこと。

ヨーグルトが花粉症に効果的という話はよく聞きますよね。
なぜヨーグルトが花粉症に良いという理由は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌にあります。
ビフィズス菌や乳酸菌という善玉菌を摂取することで腸内環境を整えてくれます。

実は、腸こそが人間の身体における70%の免疫システムを担っているのです。
そのため、ヨーグルトを食べることで免疫機能を正常に保ちアレルギー症状を抑えるのです。

2016年2月6日「世界一受けたい授業」では、花粉症最新対策が放送されました。
飲むヨーグルト150mlと“ミカンの皮”をミキサーで混ぜて毎日飲みます。
すると花粉症による目のかゆみなどを抑える効果があることがわかりました。
毎日2週間飲み続けると症状が大きく改善することがわかったのです。


花粉症の関連情報

舌下免疫療法とは、スギ花粉のエキスを舌の下に入れて体を慣らす免疫療法なのです。
注射などを使用した従来の減感作療法と異なり、家庭内で手軽に利用できるのが特徴です。

posted by 元気人 at | 花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症対策にヨーグルトが効果的です


ヨーグルト飲む.jpgヨーグルトに含まれる乳酸菌が花粉症対策に有効であると注目されています。

生きた乳酸菌が腸まで届くことが大切だと言われてましたが、実は乳酸菌が生きていようがいまいが、数多くの乳酸菌を摂ることが花粉症対策には大切なんだそうです。

花粉症もアレルギー症状の一つとされています。

アレルギー症状とは、免疫系が特定の物質に過剰に反応することで発症しますが、花粉症はスギやヒノキなど特定の花粉を吸い込むことで、過剰反応が起こしてしまうのです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌の働きで腸内細菌のバランスを整え、腸の粘膜を強くして花粉症の症状を和らげてくれます。


乳酸菌は飲料メーカーなどの研究開発が日々進み、花粉症の症状を緩和する効果があることや、新しい乳酸菌の種類も発見され話題になっています。

L-92乳酸菌という種類の乳酸菌は、花粉の人工実験によって花粉症の症状を緩和する作用があることが実証されました。

そのことで「鼻のかゆみ、目のかゆみなどにヨーグルトが効果的」と話題になりました。


ヨーグルトは100〜200gぐらいをできれば毎日食べることによって、花粉症の症状に効果が現れ始めます。

効果には個人差があるので1ヶ月ほどで効果を感じる人や、半年ほどかかる人もいるようです。

よって、花粉が大量に飛散し始める1ヶ月以上前から、ヨーグルトを継続摂取することが望ましいのです。


★ヨーグルトを手作りされる方もおられますが、ちょっと面倒という方におすすめなのが、
乳酸菌サプリを摂取するという方法があります。
(公式サイト)
話題の乳酸菌(ラクトバチルス・ラクトロコッカス・ビフィズス・ブレビス・ブルガリクス・アシドフィルス・フェカリス・ガッセリー・カゼイ)を全てひとつに凝縮したサプリです。
これだけの種類の乳酸菌が凝縮されているのは乳酸菌サプリメントの王様といっても過言ではありません。
他にも乳酸菌と相性の良い食物繊維やオリゴ糖など、体内環境をキレイにして体の免疫力を上げる成分が含まれているので、花粉症対策に適しています。


posted by 元気人 at | 花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク