スポンサーリンク

痛風が気になるプリン体と闘う乳酸菌


プリン体を取り過ぎると尿酸値を上げ、痛風を引き起こすといわれていますね。プリン体ゼロビール.jpg
通常、プリン体は分解されて尿酸に変化し体外に排出されます。
しかし、尿酸が排出能力を超え、体内に蓄積されると痛風の原因となるといわれています。

プリン体を多く含む食品は、レバー類、白子、一部の魚介類(エビ、イワシ、カツオ等)や、魚の干物、干し椎茸があげられます。

最近では、 明治からプリン体と戦う乳酸菌を配合した「明治プロビオヨーグルトPA-3」が発売されています。
PA-3乳酸菌を配合したプリン体の吸収を低減する効果などが期待できるプロバイオティクスヨーグルトなのです。
黄色のパッケージで、ブランドロゴの「PA-3」を前面に配置して店頭で目立っていますね。

プリン体は美味しいものに多く含まれます。
プリン体を制限しすぎて栄養失調になった例もあるようです。
あまり制限せず、食べ過ぎ・飲み過ぎを避けて、適度な運動でストレスを減らす生活習慣がオススメです。


プリン体とは

核酸を構成する主成分。
代謝によって尿酸となるが、その異常によって高尿酸血症となり、痛風を引き起こす。
細胞の核に存在する核酸の主成分であるアデニンやグアニンなどとして存在します。
あらゆる生物の細胞内に存在するため、ほとんどの食品に含まれています。
一般的にレバー、イクラ、タラコなど細胞数の多い食品には多く含まれ、アルコール飲料ではビールに多く含まれています。
体内では、食物から取り込まれるプリン体のほかにも、新陳代謝によって古い核酸が分解したもの、グルタミンやグリシンなどから合成されたものがあります。
プリン体は肝臓で代謝されて、最終的には尿酸となって身体の外に排泄されますが、尿酸が多くなり過ぎると血液の中に尿酸がたまって、高尿酸血症を起こします。
高尿酸血症の状態が続くと、尿酸が結晶化した尿酸塩が関節に沈着し、急性関節炎を引き起こします。
これが痛風と呼ばれるもので、ほかに腎臓や尿路に沈着して腎臓障害や尿酸結石を起こすこともあります。
Weblio辞書より引用


【関連情報】

痛風に抜群の効果を発揮するアンセリンや抗炎症作用を持つキャッツクロー、サラサラ健康パワーのケルセチンなど、希少な成分を贅沢に配合しています。

posted by 元気人 at | 痛風予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク