痛風が気になる!プリン体と闘う乳酸菌

プリン体を取り過ぎると尿酸値を上げ、痛風を引き起こすといわれていますね。通常、プリン体は分解されて尿酸に変化し体外に排出されます。しかし、尿酸が排出能力を超え、体内に蓄積されると痛風の原因となるといわれています。 プリン体を多く含む食品は、レバー類、白子、一部の魚介類(エビ、イワシ、カツオ等)や、魚の干物、干し椎茸があげられます。 最近では、 明治からプリン体と戦う乳酸菌を配合した「明治プロ…

続きを読む

痛風予防Comment (0)
スポンサーリンク