スポンサーリンク

ヨーグルトが糖尿病のリスクを下げる


ヨーグルトには、血糖値の上昇を抑えて糖尿病の発症リスクを下げるといわれています。乳清.jpg
週に4〜5回食べると2型糖尿病の発症リスクが24%も低下したそうです。
これは、英ケンブリッジ大学の研究チームの調査結果が報告されています。

ヨーグルトの「ホエイ」が血糖値の上昇を抑える

ホエイ(乳清)とは、ヨーグルトの上に液体が溜まっている乳酸菌発酵液のことです。
たんぱく質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラル分などの栄養素が豊富に含まれています。
食事をすると、ブドウ糖が腸で吸収されて血液中に移行し一時的に血糖値が上昇します。
健康な人の場合、食後2時間もすれば血糖値は140r/dL未満に低下します。

しかし、糖尿病の人では血糖値が低下せず、高い値が続くことがあります。
このような「食後高血糖」は、重大な合併症が発症する危険性を高めるることになります。
ホエイたんぱく質は、食後の血糖値の上昇を抑えるという研究結果が報告されています。
糖尿病予防のためにオススメは、低脂肪・無加糖のヨーグルトを選ぶようにしましょう。

また、ホエイプロテインは、牛乳からつくられたプロテインです。
ホエイプロテインは食後の高血糖を改善するという驚きの結果が報告されています。

関連情報


posted by 元気人 at | 糖尿病予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーグルトを食べて糖尿病リスクを防止


世界糖尿病デー.jpgヨーグルトやローファット(低脂肪)チーズを摂取すると、全く食べない場合と比較して糖尿病発症リスクが約4分1低減する。

これは、ケンブリッジ大学のニタ・フォロウヒ氏率いる研究チームが、2月5日学会誌「ダイアビトロジア(Diabetologia)」に掲載された論文です。

英ノーフォーク州在住の男女3500人を11年間追跡した健康調査によるものです。

健康調査期間中、753人が2型糖尿病を発症したが、ヨーグルトやフロマージュ・フレ(未熟性チーズ)、低脂肪のカッテージチーズなど低脂肪の発酵乳製品を食べていた人たちは、

食べていない人たちと比べて糖尿病発症の確率が24%低かった。

低脂肪の発酵乳製品を種類別に調べたことろ、ヨーグルトのみでの糖尿病リスク低下率は28%だったことも判明しました。

このカテゴリに属する人たちはカップ入りヨーグルト(125グラム)を一週間で平均4.5個食べていたようです。

さらに、おやつとしてポテトチップの代わりにヨーグルトを食べていた人では、実に47%もリスクが低減していました。


コーヒー.jpg▼糖尿病に関連する記事です▼

コーヒーには糖尿病の予防に効果あり
「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」テレビ朝日系2013年1月29日の放送では、「コーヒーには糖尿病の予防に効果がある」と紹介されていました。 
posted by 元気人 at | 糖尿病予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク