スポンサーリンク

多くの女性が実践中の「菌活」とは?


ヨーグルト健康.jpg食欲不振や睡眠不足など体調不良に悩まされている人が多いのではないでしょうか。
毎日ちょっとした心がけで健康でキレイになれるコツがあればいいと思いませんか?

そんな中、最近注目を集めているのが「菌活」です。

菌活(きんかつ)という言葉をご存知ですか?

婚活、就活、・・・・・今や、活という言葉が花盛りですね。

菌活によって、美容や健康維持を心がける女性が増えています。

菌活とは、身体に良い菌を意識しながら積極的に食生活に取り入れる活動のことです。
発酵食品を食べることだけなので、その手軽さが多くの女性に受けています。

オリコンが20〜40 代の女性2,430 人に行った調査でも、55.1%と約半数が日頃から「菌活」に取り組んでいたことがわかりました。

そのうち93.2%の人は、ヨーグルトを食べる「菌活」を実践しており、いかにヨーグルトが身近な菌活食材であることが分かります。

ヨーグルトを摂取している理由は【おなかの調子を整えるため】が54.2%でもっとも多かった。
ちなみに、現在のおなかの調子を聞いたところ【便秘】が42.6%、【ガスがたまりやすい】が34.7%でした。

このように、おなかに悩みを抱えているためか、積極的にヨーグルトを摂取していることが想像できます。

ヨーグルトで便秘が改善された実感を聞いたところ、【改善された実感がとてもある】(8.7%)、【改善された実感がややある】(48.6%)と半数以上が改善の実感を得ていました。

参考記事 【オリコン 女性の「菌活」に関する意識・実態調査】 2013年8月12日

そもそも、乳酸菌とビフィズス菌は菌の種類が異なるものです。
ビフィズス菌が腸内環境を整えたり免疫力を高めるのに対し、乳酸菌はビフィズス菌が住みやすい環境を作るサポーターのようなものと言われています。

そのような菌の特性を知り、自分の目的に合ったヨーグルトを選ぶことは、菌活ライフを送るうえで重要なポイントと言えそうです。

気になる不調がありましたら、検索窓からキーワードを入れて頂くと早く見つかると思います!

▼関連する情報▼

善玉菌のチカラで毎朝すっきり 
カスピ海ヨーグルトの生きた乳酸菌(クレモリス菌FC株)
・ポッコリが気になる。
・朝トイレに行ってもスッキリしない。
・旅行や外出時、張って辛い。
忙しい毎日、スッキリできなくなっている方に・・・
posted by 元気人 at | 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルガリアヨーグルトLB81の乳酸菌パワー


私たちは昔から、健康維持のためにヨーグルトを摂取してきました。
給食やお子様のおやつにヨーグルトが出るということも多かったように記憶しています。

ヨーグルト.jpg

おやつ感覚で食べることができる健康維持食品のヨーグルトは、昔から日本人にも親しまれてきた食品です。
ヨーグルトの中でも、ブルガリアヨーグルトが浮かんでくる、コマーシャルでもおなじみです。

ブルガリアヨーグルトに含まれている乳酸菌が、乳酸菌LB81です。

乳酸菌LB81が配合されているブルガリアヨーグルトは、一般的に一番よく食べられているヨーグルトだと思います。

明治ブルガリアヨーグルトLB81は特定保健用食品の表示認可を受けています。

1日100g以上摂取することによってLB81乳酸菌の働きにより腸内細菌のバランスを整える、お腹の調子をスッキリ良好に保つなどの効果があることが科学的に実証されています。

LB81乳酸菌の働きで便通がよくなる効果があり、便秘気味の人の便秘解消にオススメです。
そして腸内細菌のバランスをよくするというのは、おならや便が臭わなくなったりします。


ヨーグルト飲む.jpg明治ブルガリアヨーグルトの安全性や有効性は実証されていますが、あくまでも食品なので、食べるとすぐに病気が治るということはありません。

毎日少しずつ続けて摂取することで腸内細菌のバランスが整い、食物繊維のように便をスムーズにさせ、お腹の調子を良好に保つことができます。

また乳酸菌によって腸内細菌のバランスが整うと、免疫力を高める効果があり、病気になりにくい体になります。

乳酸菌の効果は、花粉症やアトピーといったアレルギー対策にも良いといわれています。
posted by 元気人 at | 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

便秘解消のためのヨーグルトの効果的な食べ方


ヨーグルト飲む.jpg便秘は女性の悩みでは一番多いと思われます。
女性にとっては美容と健康の大敵である便秘に打ち勝つにはヨーグルトを毎日食べることです。
便秘に効く食べ物として最も知られているヨーグルトを、便秘解消に取り入れている人も多いのではないでしょうか。 

ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれていて、腸内環境を整える効果があります。

腸内環境は健康と大きく関わっていて、腸内環境を整えることは、さまざまな健康効果が得られます。
腸内には約100兆もの悪玉菌と善玉菌などの腸内細菌がすんでいます。
悪玉菌が優勢になると腸内環境が悪化し、便秘や腹痛などの不調が出てきてしまいます。
一方、善玉菌が増えると腸内は元気になり、便を押し出す力も強まり排便を促進することができるのです。

では、この善玉菌を増やすにはどうしたらいいのでしょうか。
そこで、めざましく活動するのがヨーグルトに豊富に含まれる乳酸菌の力です。
乳酸菌は善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やして悪玉菌を抑制する働きがあり、善玉菌を優勢にして腸内環境を整えることができるのです。

便秘に効果的なヨーグルトですが、食べるタイミングによって効果が異なります。
便秘解消を目的とする場合、ヨーグルトは食前よりも食後に食べるほうが効果的です。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、強い胃酸などによって壊されてしまいます。
そのため、食前は胃酸の濃度が高く、より乳酸菌が壊されやすくなってしまうんです。
胃酸が薄まっている食後の方が、乳酸菌が腸に届きやすく、効果が得やすいというこです。

グリコ乳業などの研究結果によれば、お腹の調子を良くするためにヨーグルトを摂取する場合には、朝食後に摂取する方が効果的であるという結果が出ています。
近年、胃酸に強く、乳酸菌が生きたまま腸まで届くヨーグルトが販売されています。
胃酸に負けない乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べると良いでしょう。
便秘解消のためには少なくとも1週間は継続してヨーグルトを食べるようにしましょう。
ヨーグルトは他の食品とも合わせやすく、無理なく毎日の食生活に取り入れるようにしましょう。
posted by 元気人 at | 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク