スポンサーリンク

腸内フローラは体に何をするのですか


最近テレビで取り上げられた「腸内フローラ」を聞いたことはありませんか?腸内フローラ.jpg
さて、この「腸内フローラ」とは一体なんのことでしょうか?
直訳すれば「腸内のお花畑(flore)」になります。
でも、これだと体の何がなんだかよくわかりませんよね。

最近の研究では、腸内フローラが便秘や下痢、肥満、不眠、アレルギーなどと関係がありそうだ、ということが分かってきています。

腸内フローラは体に何をするの

腸の中に100兆個以上の腸内細菌がいて、その集まりを腸内フローラと呼んでいます。
みなさんも善玉菌や悪玉菌という言葉を聞いたことあると思います。
理想的な腸内フローラの状態とは、善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割になります。
研究から腸内フローラのバランスが、毎日の健康や体調や体型に影響を与えています。

腸内フローラを改善するには

腸内の改善に関係する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」について。

■プロバイオティクスは、「菌自体」を摂ることになります。
ヨーグルトや乳酸菌飲料を食べることがこれにあたります。
ヨーグルトと一言で言っても、それが持つ菌は多種多様です。
どの菌が自分の体に合うかは人によって違うそうです。
いろいろなものを試し、お腹の調子の良いものが体に合っているかもしれません。 

■プレバイオティクスは、「菌のエサ」を採って、良い菌を増やすことです。
腸内のプロバイオティクスのエサになり、善玉菌だけを増やします。
腸内で消化されにくい、食物繊維やオリゴ糖類などがその代表的なものです。

関連情報



スポンサーリンク


posted by 元気人 at | 便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク